Uncategorized

Berapa rupiah? ブラパ ルピア? インドネシアのお金の話

Halo Guys, apa kabar?

さて今日はインドネシアでお金の話について話したいと思います。

Indonesian Rupiah (IDR) banknotes.png
Indonesian rupiah @ wikipedia

インドネシアにいるとよくモールや市場で買い物するし、
仕事中にちょっとコンビニに寄ったり、夜はスーパーで買い物もしますよね。

私がインドネシアに留学していた時に最初に覚えようと思ったのがお金の言葉です。
どこかでお金を支払って、おつりが返ってこないと嫌ですよね?

まず基本ですが、「何円ですか」という日本語を直訳すると、この”何”=Apa(アパ)と
使ってしまいそうですが、Berapa(ブラパ)と使います。
Apaは何、Berapaは数えれるものに使う「いくつ/いくら」という意味があります。

買い物で使えるお金の言葉
・Harganya berapa rupiah?
(ハルガニャ ブラパ ルピア?)
(その)値段は何ルピアですか?

・Kalau ada diskon 20 persen(%), baju ini harganya berapa rupiah?
(カロウ アダ ディスコン ドゥアプル プルセン、バジュ イニ ハルガニャ ブラパ ルピア?)
もし20%の値引きがあれば、この服の値段は何ルピアですか?

・Setelah 20% persen(%) diskon, harganya jadi 250,000 rupiah.
(スツゥラ ドゥアプル プルセン ディスコン、ハルガニャ ジャディ ドゥアラトゥス リマプルリブ ルピア)
20%の値引き後、(その)価格は25万ルピアになります。

pasar baru bandung @ detik.com


インドネシアですが、いわゆる市場にいくと値切り交渉はかなり使えます。
是非試してください!提示価格からありえないくらい下がる場合があります(笑)

・Baju ini bisa diskon 10 persen?
(バジュ イニ ビサ ディスコン スプル プルセン?)
この服、10%の値引きできますか?

・ Maaf, ini sudah harga fix, tidak bisa.
(マアフ, イニ ハルガ フィックス, ティダッ ビサ)
ごめんなさい、これは価格が決まっているんです。 (値引きは)できません。

・Tidak bisa? kalau beli baju ini, saya bangkrut ya
(ティダッ ビサ? カロウ ブリ バジュ イニ, サヤ バンクルット ヤ)
(値引き)できないんですか? この服を買えば、私破産しちゃいますよ。

どうしても値下げできない場合は、インドネシアの友達と一緒に行ってください!
地方に依っては地方語を使うほうが安くなることがあります。

さてインドネシアのお金の種類ですが、一般的なものは下記の通りです。

■ 貨幣
・100 Rupiah
・200 Rupiah
・500 Rupiah
・1,000 Rupiah
■ 紙幣
・1,000 Rupiah
・2,000 Rupiah
・5,000 Rupiah
・10,000 Rupiah
・20,000 Rupiah
・50,000 Rupiah
・100,000 Rupiah

日本人からすると最大の紙幣が100,000 Rupiah(約740円/現在レート 1JPY-135.45IDR)は少ないですよね。
近い将来200,000, 500,000 rupiah札が出てきてほしいですね。

それではまた!

====================
今日の語彙
・Harga = 値段/価格
・Rupiah = ルピア
・Berapa = いくつ/いくら
・Kalau = もし~であれば(英語 ifと同じ)
・Diskon = Discount = 割引/値引き
・Baju = 服/洋服
・Sudah = 過去のことを述べる場合に使う
・Tidak = 否定するときに使う
・Bisa = ~できる(英語 can と同じ)
・Bangkrut = 破産/破産する (英語bankruptと同じ)
====================

Leave a Reply

Your email address will not be published.